健康教室について

HOME » 健康教室について

健康教室について

当院は地域・コミュニティーに開かれた診療所をめざしております。
そこに住む様々な人と勉強会などを通じてつながることにより地域やコミュニティーの持続的な
発展や幸福、安心に貢献していきます。

また、患者さまのケアの質の向上のためには、診療所だけではなく、地域の訪問看護ステーションや
ケアマネージャ、保健師さんなどと風通しの良い関係をきづくことが大切です。
勉強会や相談会、カンファレンスを通じてプライマリケアチームの構築をすすめていきます。

ケアマネ勉強会『ポリファーマシー』

~薬を不適切に多く飲んでいる状態とは? 問題点とその対策~

平成27年12月15日に給田ファミリークリニック2Fにて実施されたケアマネ勉強会に参加させていただきました。当日はケアマネージャー様が7名いらっしゃり、『ポリファーマシー』についてワークショップをおこないました。

【ワークショップの内容】

  •  1. ポリファーマシー問題がなぜおこってしまうのか?その影響について
  •  2. ポリファーマシー問題を解決すればどうすればよいのか?
  •  3. 実際にポリファーマシー問題に直面している事例の共有
  •  4. グループディスカッション

薬局にお越しいただく患者様の中には、様々な病気を持っており、複数の科、複数の薬局にかかっている方も多いです。そのような方は薬を多く飲みがちで、『こんなに薬を飲んでも大丈夫なのか』と不安を感じている患者様もいらっしゃいます。事実、高齢の方は、代謝の低下もあり、副作用も出やすい傾向にあります。
当薬局では、各医療機関と連携を取りながら、ご本人の状態や薬剤の効果・リスクを踏まえた上で、お薬の整理についてもご相談に乗っています。

今回のワークショップでは様々なアイデアが提案されましたが、薬剤師としては、お薬手帳の活用や受診医療機関・薬局の一元化の提案、また気軽に相談できる『顔なじみの薬局』になることで貢献できるのではないかと考えました。

今後も、薬局として少しでも地域医療の為にご協力できるようにスタッフ共々頑張って参りますので、お薬や健康相談・介護食など、お困りのことが御座いましたらお気軽にご連絡、お声掛け下さい。
今後とも、宜しくお願い致します。

文責 クリエイト薬局 薬剤師 山本

平成27年8月18日「第2回調剤子ども体験」報告

この度、8月18日に「第2回調剤子ども体験」を開催致しました。

クリエイト薬局が主催する調剤子ども体験は前年に引き続き大盛況で終了すること出来ました。

第1回目の内容はリップクリーム作り、ラムネを粉砕して分包機で袋詰めしましたが、第2回目は前年度のお子様が参加されても飽きないように模擬処方せんを元にお薬(アメやラムネ)を取ってお持ち帰り頂く内容を追加しました。

クリエイト薬局は調剤子ども体験を通して、単なる調剤体験だけではなく、このような取り組みを通して次世代の薬剤師育成に貢献をしていきたいと考えています。

薬剤師という仕事に触れ、体験して達成感を実際に感じてもらうことにより1人でも多くの子供たちが薬剤師という仕事理解し、薬剤師になりたいと思ってもらえたら良いと思っています。

また、地域に密着した「かかりつけ薬局」を目指して、地域住民の健康支援・相談対応等を行い、顔なじみのいる薬局を作りたいと思っています。

夏休み子供企画の実地

日時
平成27年8月18日(火)13時~15時(約2時間)
場所
給田ファミリークリニック・サロンデイ・クリエイト薬局
参加人数
約9名

3グループに分かれて、各イベントに参加して頂きました。

◇クリニックでは、レントゲン撮影について勉強しました。先に生魚を撮影するとどんな風に写るのか絵に書いてもらい、実際に撮影した画像を 切り取って用紙に貼り付けました。その他にもゲーム機、おもちゃなど、子供たちが撮りたいものを撮影しました。

レントゲン撮影について教える院長生魚のレントゲンの写真

生魚のレントゲンの写真

◇サロンデイでは、車椅子の大変さについて学びました。
車椅子に乗る人・押す人と交代して実際に体験してみました。

◇クリエイト薬局では、ラムネを使用して薬の粉砕や袋詰めをしたり、リップクリームを使用して軟膏を混合したりする体験をしました。

薬の粉砕や袋詰めの写真お薬表

平成27年度 第1回「地域ケア会議」 実地報告書

平成27年6月27日 地域包括支援センターつつじヶ丘から「地域ケア会議」に、
講師として呼んで頂きました。

みなさん積極的にディスカッションにも参加して下さり、活発な会となりました。
参加者の方からは「いずれ自分の家族にも訪れるかもしれないから心の準備をしておこうと思った」「普段聞かないことだったので参考になった」など、沢山のご意見を頂きました。

ご多忙の中、多数の方にご参加頂き、ありがとうございました。
今後も、地域のみなさんのお役に立てるよう精進していきます。

第3回レクチャー会「風邪症候群、花粉症」実施報告書

平成27年2月25日(水) 給田ファミリークリニック2Fにおいて
「風邪症候群、花粉症」に ついてのレクチャー会を行いました。

給田ファミリークリニックでは、地域の皆様のためになる健康活動に力を入れていらっしゃいます。

今回は2月25日(水)14時~15時まで、給田ファミリークリニック2Fに於いて「風邪症候群、花粉症」の健康教室に参加させていただきました。

池亀院長より、前半は「風邪ってなに?」、「風邪と似た症状の危険な病気の見分け方」、「知っていそうで知らない風邪の治療法」など、後半は「花粉症ってなに?」、「花粉症と風邪の見分け方」、「花粉症の検査や治療」について講演がありました。

「風邪ってなに?」の解説では、風邪はある種のウイルスによっておこる良性の自然に軽快する症候群のことであり、そのため自然に良くなってはじめて風邪だと診断がつくという説明がありました。

「風邪と似た症状の危険な病気の見分け方」では、風邪を診断する際には、風邪に似た症状の危険な病気を除外し見分けることが重要だと説明されておりました。これは、風邪から中耳炎になることや風邪だと思っても実は、肺炎、髄膜炎、急性心筋梗塞といった内科的病気の場合があるためと解説されておりました。

このことから風邪の診断は、成人はもちろんお子様からご年配の方までの家族まるごと、小児科、耳鼻科、内科など診療科の枠を超えて総合的にみる家庭医が役に立つひとつの分野なのではないかと感じました。  また、参加者からは「かぜに抗生剤はきかないの?」といった質問もございました。質問に対して、抗生剤の効果と副作用のリスクを比較した際、本当に抗生剤が必要なケースは限られていると、具体的な数字を示して解説されておりました。

花粉症の診断は、病歴と身体所見と簡単な検査でほとんど診断できるため、値段や診断の正確性の面からも、血液検査は不要であることが多いと解説されておりました。

治療については、一部の市販の点鼻薬の危険性について説明されておりました。また、従来の内服薬・点鼻薬・点眼薬に加え、生活の注意点、漢方薬やハーブ、舌下免疫療法について説明されておりました。

お忙しい中、参加させていただき、本当に有難う御座いました。

今後も、連携している薬局として参加させていただき、地域における健康活動に少しでもご協力できるようにがんばって参ります。今後とも宜しくお願い致します。

クリエイト薬局 薬剤師 菱沼 啓太

講演会「生活習慣病について」実施報告書

平成26年10月24日(金)大雄電設工業㈱において、生活習慣病についての講演会を行いました。
喫煙他、生活習慣と健康についてスライドを交え、約1時間余りの講演に65名の方が参加してくださいました。

ご多忙の中、ご参加いただき、本当にありがとうございました。

第2回レクチャー会「ワクチンセミナー」実施報告書

平成26年9月13日(土)給田ファミリークリニック2Fにおいてワクチンセミナー会を行いました。

予防接種で防げる病気やワクチンのスケジューリング、副反応のことなど、質疑応答もあり、有意義なレクチャー会となりました。
ご多忙の中、多数の方にご参加いただき、本当にありがとうございました。

夏休み子供企画の実地

日時
平成26年8月20日(水)13時~15時(約2時間)
場所
給田ファミリークリニック・サロンデイ・クリエイト薬局
参加人数
約30名

3グループに分かれて、各イベントに参加して頂きました。

◇クリニックでは、レントゲン撮影について勉強しました。先に生魚を撮影するとどんな風に写るのか絵に書いてもらい、実際に撮影した画像を切り取って用紙に貼り付けました。その他にもゲーム機、おもちゃなど、子供たちが撮りたいものを撮影しました。

院長と絵を描いている子供たちの写真生魚のレントゲンの写真

◇サロンデイでは、車椅子の大変さについて学びました。車椅子に乗る人・押す人と交代して実際に体験してみました。

◇クリエイト薬局では、ラムネを使用して薬の粉砕や袋詰めをしたり、リップクリームを使用して軟膏を混合したりする体験をしました。

薬の粉砕や袋詰めの写真リップクリームを使用して軟膏を混合している写真

第1回レクチャー会「認知症」実施報告書

当院では、地域の皆様のためになる健康活動に力を入れております。

第1回は平成26年7月26日(土)14時~16時まで、給田ファミリークリニック2Fに於いて認知症レクチャー会を行いました。

内容は院長の池亀よりスライドを使って、前半は認知症になるとなぜおかしなことをするのか、後半は実際のケースをあげながらなぜそんなことがおこるのか、対策をどうすればいいかについてお話をさせて頂きました。

当日は20数名の患者さまにご出席頂き、活発な意見も飛び交う有意義なレクチャー会になったと思います。

第1回レクチャー会「認知症」

お忙しい中、多数の方にご参加頂き、本当に有難う御座いました。

次回は平成26年9月13日(土)14時~16時、お子さんの「予防接種」レクチャー会を予定しております。

今後も、当院主催のレクチャー会を定期的に行い、地域における健康活動に少しでもお力になれるように努めてまいります。今後とも宜しくお願い致します。

よくあるご質問

コラム

診療時間表(随時、訪問診療を行っております)

[駐車場10台有り]

地図

スマートフォンサイトはこちら